• ホーム
  • 家族構成からマンションの間取りを考える

家族構成からマンションの間取りを考える

賃貸マンションを選ぶときに、間取りや設計を検討するうえで重要なファクターになるのが家族構成です。独り身と夫婦世帯とでは、ライフスタイルは当然違って来ます。同じ夫婦世帯であっても子供の有無や年齢によっても、必要な設備や間取りは変化するものです。子供が成長すれば再び夫婦だけの生活に戻り、介護なども現実的な課題になってきます。

マンションの部屋探しではライフプランの変化を見据えることが求められます。ライフプランとはいわば、それぞれの個人や家族にとっての人生設計ともいうべきものです。現在では子供がいない世帯でも、将来は親になる可能性も出てきます。マンションの選び方において、どのような家族構成なのか将来にわたっての変化なども視野にいれる必要があるのです。そこで家族構成をもとに、マンションの選び方をご紹介します。

間取りを考えるときには、マンションの物件情報に出てくるキーワードの基礎知識を確認しておくのが有用です。例えばLDKとはリビング・ダイニング・キッチンの頭文字を取ったものです。つまりリビングなど部屋の用途にあわせて、間仕切りがされているという意味です。Rとはルームのことですが、1Rと表記されるとワンルームの意味合いになります。親と子供などの家族構成で、1Rで生活するのは難しいと判断することができるでしょう。

間取りは家族のライフスタイルにあっていることが基本になります。そのためには家族構成やそれぞれの家族の希望を叶えているかを把握して、部屋のつながりや生活動線のありようなどを検討することが必要です。例えば家族とのコミュニケーションを大事にしたいなら、LDKを居心地の良い生活空間にして自然と家族が集まるようにするのも一案です。

しかし大事なのは日ごろの家事や掃除・メンテナンスなどを実践するのに、余計な負荷を感じたりすることのないように生活動線を配置することにあります。食事をテーブルに運ぶ動作ひとつにしても動線のとり方で、手間を削ることにもなります。
また長期的なライフプランでは、介護が必要になった事態も想定しておくべきです。例えばバリアフリー工事が必要になってもマンションの管理規約などによっては、必要な改修工事が制限される可能性があります。マンションでは構造上リフォームが難しい部分もありますが、介護時には些細な段差も大きな支障になります。介護はまだ先のこととは言っても、住み替えは簡単にできないので軽視せずに、検討するべき課題のひとつといえます。