• ホーム
  • 一度は住みたい、有名なマンションブランドまとめ

一度は住みたい、有名なマンションブランドまとめ

カップルに案内している男性

建設会社の大手不動産ディベロッパーでは自社のブランディングの意味を込めて、各社でブランド名を付してタワーマンションシリーズを展開しています。

大手不動産ディベロッパーのなかには戦前の財閥に系譜を辿る企業などもあるほどで、大型プロジェクトを成功に導いてきた実績をタワーマンションの建設にも注ぎ込んでいます。誰もが一度は住んでみたい各社のタワーマンションブランドを御紹介します。

三井不動産が展開しているマンションブランドが、パークマンションシリーズです。高級マンションたらしめているのは、抜群の立地条件にあるといえます。麻布や千駄ヶ谷や白金など、そこに居をかまえることがひとつのステータスになるような場所を選定して建築しています。三井不動産は立地と時代を先取る新機軸の提案や最高級の品格を備える物件を輩出しているのが特徴のブランドです。

住友不動産のシティタワーシリーズは、複数路線を利用可能なターミナル駅近くに立地しているなど利便性が高く交通アクセスが良好なのが特徴です。パノラマガラスを贅沢に利用し、どの居室からでもパノラマの絶景を望めます。ホテルライクの内廊下やおしゃれなエントランスなど共用設備も充実しています。住友不動産のシティタワーシリーズは24時間セキュリティを採用しているので安全面も配慮されているのです。

三菱地所レジデンスの代表的なマンションブランドは、ザ・パークハウスになります。物件周辺には都市にありながらも自然を感じさせる公園スペースを配置しており、設備や建材のチョイス・空間設計まで居住性の良さを追求する設計を採用しています。ザ・パークハウスの成功で、三菱地所レジデンスは現在日本を代表する建設会社のひとつとして認知度があがっているほどです。

東京建物は大手ディベロッパーのなかでも、歴史のある建設会社のひとつです。東京建物ではブリリアシリーズが有名です。ブリリアシリーズのコンセプトは、洗練された都市の雰囲気と安心安全な住空間の調和にあります。流行に左右されない落ちついたデザインが根強い人気の理由になっています。

野村不動産のプラウドは、2000年に立ち上げられた比較的新しいマンションブランドになります。積極的にTVCMでも放映するなど急速に知名度を高めつつあります。野村不動産のプラウドは戸数を抑えてプライベート空間を重視した低階層タイプと、都心の夜景や眺望を堪能できる高階層タイプの二つが展開されています。